菌や虫の混入を軽減

閉鎖空間(クリーンルーム)での栽培なので、菌や虫の混入を防ぎます。菌が少ないので植物は腐りにくくなり、鮮度も賞味期限も共に長持ちします。虫を目視確認する作業も軽減され、洗わなくても食べられるようになります。

植物工場に求められること

植物工場のメリットは、無農薬で菌や虫の混入が無く、天候に左右されないので野菜を安定して供給できることです。
農家の減少と後継不足、それに伴う輸入野菜の増加、消費者の安心安全への意識増大などの食糧問題。そして近年の異常気象による不作の問題解決の糸口として、植物工場が注目されるのは必然とも言えます。
採算性を上げるために、導入コストやランニングコストを削減できる余地があり、研究によって野菜の生育速度も加速し続けているので、今後も採算性の向上は多分に見込めます。