安価な初期費用

ミタデンの植物工場では、可能な限りで既製品を使用して初期導入費を抑えます。既製品だから見栄えが悪いということはありません。もちろん野菜の育成にも影響はございません。私たちは植物の成長効率を追求し、採算性の向上に努めています。

蛍光灯の有効活用

人工光型植物工場で発生するコストとして光源による電気の消費が主に挙げられます。
近年の水耕栽培では直管LEDを使用し、12000lux以上と高い照射量で植物の光合成を促します。しかし照度が高い場合、植物を休ませる時間帯が必要になったり、植物が大きくなるとチップバーンが発生したりと問題が生じます。
ミタデンの植物工場では、蛍光灯を使用して4500~5500luxと一般的な水耕栽培に比べると60%以下の照射量で、植物を休ませる時間が必要なくなり、植物が大きくなっても液肥の管理を行うことでチップバーンを発生させずに栽培することができます。

空間を利用する高密度生産

水の使用量が少ないため、栽培棚を最大12段まで重ねた高密度生産の栽培ができます。
少ない水量での栽培を行うので1段あたりの重量が軽減されます。最大で12段の栽培棚を設置できるので、狭い敷地面積でも空間を利用することで高密度生産を可能にします。