人の手による播種

土耕栽培と同じように、植物工場でも播種(種まき)から生育作業が始まります。
ミタデンの植物工場では、栽培歩留まりを高めるために人の手により播種を行います。

機械による播種との違い

機械で植物を管理する植物工場では、種まきを機械で行います。
機械で管理をすれば人件費を削減でき、作業効率が向上しますが、発芽率が定まらず、歩留まりに影響を及ぼすことがあります。

具体的な方法

浅く水を張った容器に、抜気して水を染み込ませたウレタン素材のマットを入れます。マットは更に分割できるように区画が切られており、その区画のひとつひとつに種を入れるポケットが設けられています。マットが区切られているのは、種が苗まで生育した時に、植え替え作業を容易にするためです。

※上記はグリーンリーフレタスの場合であり、植物によって栽培方法は異なります。